一心流鎖鎌術の形

一心流鎖鎌術は、念流の始祖である念阿弥慈恩にその源を発したともいわれており、第6代の丹一心によりまとめられた術です。

居敷(いしき)
添身(そえみ)
羽返(はがえし)
無眼(むがん)
十文字(じゅうもんじ)
振込(ふりこみ)
一文字振込(ふりこみ)
十文字磯之浪(いそのなみ)
巻落(まきおとし)
三所詰(みところづめ)
浮船(うきふね)
居敷(いしき)
添身(そえみ)
羽返(はがえし)
無眼(むがん)
十文字(じゅうもんじ)
振込(ふりこみ)
一文字振込(ふりこみ)
十文字磯之浪(いそのなみ)
巻落(まきおとし)
三所詰(みところづめ)
浮船(うきふね)




槍合 前
槍合 後

このエントリーをはてなブックマークに追加