はじめて杖道に触れる方へ

杖道とは?

江戸時代初期の武術家である夢想権之助勝吉が開いた神道夢想流杖術を起源とした武道です。長さが4尺2寸1分(約128cm)・直径8分(約2.4cm)の樫で出来た丸木の杖を武器として使用します。何の変哲もない丸棒ですが、「突かば槍 払えば薙刀 持たば太刀 杖はかくにも 外れざりけり」との古歌で表現されているように、多種多様な技を持った武道となります。

神道夢想流杖術の起源

夢想権之助は、天真正伝香取神道流の奥義を究め、更に鹿島神流の流祖、松本備前守に学んで鹿島神流の奥義を究め「一の太刀」の極意を授かったと言われています。しかし、剣豪宮本武蔵と試合をしましたが、武蔵の二天一流の極意である十字留にかかり、押すことも退くことも出来ず敗れてしまいます。それ以来、権之助は、武者修業をして諸国を遍歴し、武蔵の二天一流十字留打破に工夫専念して修行を続け、筑前の国に辿り着きます。霊峰宝満山に登り、竈門神社にて、祈願参籠すること37日後、夢の中に童子が現れ、「丸木をもって水月を知れ」との御神託を授けられました。 権之助は、その御神託をもとに、創意工夫し、3尺2寸の太刀より1尺長くした4尺2寸1分、直径8分の樫の丸木を作りこれを武器とし、槍、薙刀、太刀の3つの武術を総合した杖術を編み出し、遂に宮本武蔵を破ったと伝えられています。その後、福岡藩に召し抱えられ、明治時代まで門外不出の武術として継承されてきました。 明治維新の政変により、明治四年、杖術も必然的に解禁されるに至って初めて一般に紹介されることになりました。  黒田藩士第二十四代の統、白石範次郎重明の高弟清水隆次克泰師範が上京し普及発展に努め、一方福岡では同じく高弟乙藤市蔵勝法師範が第二十六代の統として御流の継承と発展に精力的に活躍され、現在の発展に至っています。

稽古している人たち

杖と木刀の2人組で形稽古を行う古武道であり老若男女等の区別なく稽古できる武道となります。また、体格、武道経験がなくても始めることができる古武道です。現在、稽古している人たちも10代からシニアまでの幅広い世代にまたがっており、護身術として、また生涯武道として活用していただきたいと思っております。

段位・称号の授与

段位については初段、弐段、参段、四段、五段、六段、七段、八段までがあり、初段~五段までは全日本杖道連盟審査規定に基づき、傘下組織である各県杖道連盟にて審査を実施しています。六段以上及び称号については全日本杖道連盟による中央審査にて実施となります。また、級位については、五級、四級、三級、二級、一級があり、各県杖道連盟にて審査を実施しています。

稽古に必要な道具

稽古着として、上は剣道着、下は袴を着用します。武具として、杖・木刀を使用します。
  参考価格:剣道着または居合着(3,000円~8,000円)
       剣道袴(3,000円~8,000円)
       居合帯(1,500円~5,000円)
       杖(2,500円~3,000円)
       木刀(2,500円~3,000円)

このエントリーをはてなブックマークに追加